妊活中や妊娠中に葉酸が勧められる理由とその摂り方について

妊活中、あるいは妊娠初期に摂るべき栄養素として葉酸があります。この葉酸については、言葉は知っていても、あまりなじみがないという人も多いようです。

一体どのような効果があり、またどのようにして摂るといいのでしょうか。

赤ちゃんの先天異常を防いでくれる

葉酸を摂ることによるメリットとは、どのようなものがあるのでしょう。第一のメリットとして、赤ちゃんの先天異常を防ぐことができます。

元々葉酸には核酸という、生物に取って非常に大事な物質を作る働きがあります。しかし葉酸が不足するとこの核酸ができにくくなり、神経管閉鎖障害と呼ばれる先天異常を、起こす確率が高くなるのです。

この神経管閉鎖障害は、脊椎または脳に異常が現れます。そのため現在では、妊娠を考えている女性は、1日400マイクログラムの葉酸を摂ることが推奨されています。

母体にもいい影響がある

また葉酸は赤ちゃんだけではなく、お母さんの体にもいい影響をもたらしてくれます。葉酸は造血作用に優れていますので、貧血を予防してくれますし、動脈硬化の原因である、ホモシステインと呼ばれるアミノ酸の濃度を下げてくれます。

その他の効果としては、免疫機能を強化する働きがあります。また、受精卵が子宮内に着床しやすい環境を作るにも、葉酸は不可欠な存在なのです。妊娠前はもちろんのこと、胎児の体が出来上がる3か月目くらいまでは、特に意識して摂るようにしましょう。

食物だけでなくサプリでも摂取できます

それでは、葉酸を摂るにはどのような方法があるのでしょうか。まず葉酸を多く含む食品を摂るようにします。ほうれん草や春菊、ブロッコリー、芽キャベツやアスパラガスなどはお勧めです。

緑茶にも多く含まれています。ただし葉酸は水溶性で、しかも加熱すると失われやすいので、調理方法に気をつけるようにしましょう。

それからレバーも葉酸が豊富ですが、同時にビタミンAも多く含まれています。ビタミンAは、特に妊娠初期に過剰摂取すると、やはり先天異常が起こりやすいので気を付けるようにしましょう。

しかし食物だけでは十分に摂取できない、つわりのせいで食欲がない時は、サプリを利用するという方法もあります。サプリは色々なメーカーから出ていて、選ぶのに迷ってしまうこともあるので葉酸サプリの比較サイトなどから検討するのもおすすめです。